オードブルへの参入業種

  • オードブルを味わって頂く

    • オードブルって本当に必要なのと思うかもしれません。


      作る側にすれば、小さいものをたくさん作るというのは手間のかかるものです。



      しかし最近は本来の意味からかなり変化しています。


      ちょっとした一品のようなものに変わりつつあります。



      そのためメインディッシュと一緒に並べられることもあります。また様々な料理が一皿に盛り付けされたものを、オードブルと呼ぶこともあります。
      地域や年代、シーンによってその意味には、かなりの開きがあります。本来なら料理の前菜的な意味合いがありました。



      お酒と共にあじわう、日本料理で言えば小鉢料理のようなものです。それによりアルコールが急激に回るのを避けることができます。


      またメインディッシュはどうしても油っこい、こってりした料理になりがちです。
      しかしオードブルによって最初に野菜や果物をとり入れることにより、消化を助けることができます。
      ですから手作りをする場合はそうした点を念頭に置いて、作りましょう。


      全体的なバランスが大切です。
      またオードブルの特長の一つは見た目の美しさです。

      プレートに並べられた一口サイズの料理はまるで、宝石箱のようです。それにより目味わうこともできます。



      形や美しさにとりわけ注意を払って作られています。



      ですから間違っても、いきなりパクパク食べることはマナー違反です。
      繊細な造りをよく見てから、味わいましょう。

      小さいけれど非常に手間がかかっています。


      一口一口味わっていただきましょう。



  • 関連リンク

    • 子供の運動会は子供だけではなく親も張り切ります。子供の好きなおかずや栄養のあるおかずをお弁当に入れて持って行くことでしょう。...

    • 一昔前までは、オードブルは地域密着型の仕出し屋が請け負っていました。提供する料理も様々で、家で結婚式やお葬式、様々な祝い事、神社や公民館でもお祭りの酒席などを行う時代でしたから、それにマッチしたお料理を、幅広く提供していました。...